• Aizomegawa-office

初めてでもWEBサイトは自分で制作できる|ポイントは色味|各社サービス比較も

更新日:9月19日

本記事は、初心者の方が「それなり」に良い感じに見えるWEBサイトを制作するためのポイントと各サービス(WiX、Jimdo、Wordpress)を比較した感想について述べたいと思います。


当サイトは、藍染川オフィス(私)がWiXを利用して制作しました。

多少の「手作り感」はあると思いますが、それなりに良い出来上がりかなと自分では思っていますので、制作の中でわかったことなどを共有します。


目次

● 最近のホームページの傾向

● 「それなり」に仕上げるポイント

● 各社サービスの操作性の比較

 ● WordPress

 ● Jimdo

 ● WiX

● まとめ


最近のホームページの傾向


まず最近のホームページの傾向について、私が感じるところを共有させてください。

比較的新しく制作されたホームページは、目を引く画像や動画をトップにババンッと持ってくるデザインになっているなぁという印象です。

画像や動画といった「素材」を用意するのにけっこうな労力と費用をかけられているんだろうなと思います。


当サイトもトップに画像を持ってきていますが、ババンッというよりはバンッという感じで、やはりどこか「手作り感」は否めないのですが、フリーランスで自分で作るのですから、十分なのかなと私は思っています。


しかも、トップ画像を用意するのに費用はかかっていません。

WiX では多様なフリー画像が提供されていますので、その中から選んで使わせてもらっています。

自分でスマホ撮影した画像よりよほどきれいに見える思いませんか?

こちらのフリー画像には本当に助けられています。


 

「それなりに」仕上げるポイント


制作してみて、全体的な色味のバランスが大事なのではないかと感じました。

当サイトはWiXで白紙テーマを選んで制作し、デザインは色味とフォントの組み合わせで成り立っています。

WiXには色味とフォントを組み合わせたデザインバリエーションがあり、自分のイメージに合わせて選べるのですが、私は色味を自分で決めました。


おすすめは色見本の書籍を参考にすることです。

自分がどんなサイトを作りたいのかイメージに合う色見本を選んで、カラーデザインを作ると良いと思います。

書店では(ネットでも良いですが)3色でつくれる色見本の本が何冊か並んでいます。

どれをとっても参考になると思いますので、お金を払ってプロの技を授けてもらうつもりで本を購入してみても良いのではないかなと思います。

 

各社サービスの比較


私が使ってみたのは WiX、Jimdo、Wordpress の3つサービスです。

主に使い心地の面で感想を述べたいと思います。

 

WordPress


さて、どのサービスにおいても「テーマ」と言われるWEBサイトの骨格・デザインとなるテンプレートが豊富に用意されています。

なかでもネット上で評判なのは Wordpress のようですね。

フリーのものから、企業が提供する有料のものまで、多様なテーマを選ぶことができます。

私も実際に汎用性が高いと評判の良い無料テーマを使用して、WEBサイトの制作を試みました。


冒頭でお話したように、現在は目を引く画像を持ってくるのが理想的なのですが、費用をかけらないため私にはそのような写真を用意することができません。

フリーの画像を使用することを考えましたが、一度はパワポで画像を作ってみました。

作った画像は野暮ったくなってしまいましたが、ひとまず画像を脇に置いて全体的なサイト制作を続けてみました。


ところが、いかんせん操作の手間が多くわかりにくいのです。

私は全くの素人のため、制作にあたっては2冊の書籍を購入し、それらを読みながらコンタクトフォームを作ったり、プラグインをつけたりしてみました。

ですが、やはり難しいと感じました。


決定打になったのは「アップデート」の多さです。

アップデートによりエラー表示が出るのですが、どうしたら良いのかわかりませんでした。

エラー表示を消すために別のプラグインを導入することもしましたが、それではなんのためのアップデートあるのかも意味がわかりません。

ここで私は匙を投げました。


なにしろ、過去にJimdo を使ったときはこんなに苦しい思いはしなかったのですよ。


ここまで Wordpress の愚痴になってしまいましたが、今申し上げたいのは、WEBサイト制作初心者やJimdoで制作したことがあるという程度の経験値ではWordpressの操作は難しいということです。個人的にはおすすめはしたくないです。

 

Jimdo


JimdoのWEBサイト制作には2パターンの選択肢があります。(後述するWiXも)

1つは質問に答えるとAIがデザインを構築してくれる簡単操作バージョンと、2つ目は自分でデザインを選択して制作する自由度と難易度が高いバージョンです。

いずれのタイプにも無料版があります。


私が使用したのは2つ目で、自由度が高いけれど自分で操作しないとならないため多少難易度は上がるタイプです。

それでもWordpressに比べて使いやすかったですよ。


下記は、Jimdo(無料版)で制作した趣味のサイトです。

よろしければご参考になればと思います。

https://go-pandaroom.jimdofree.com/


Jimdo は3つのサービスの中で一番操作がわかりやすかったと感じています。

自由度の制限はあるにしても、初めて制作するならおそらくJimdo がわかりやすいのではないかなと思います。

ただ、WiXには豊富なフリー画像があるので、その点では私はWiXが良いなと思っています。

 

WiX


すでにお話していますように、当サイトはWiXで制作しました。

WiXにもJimdo と同様に2パターンの制作方法があり、簡単バージョンと自由度・難易度ともに高いバージョンです。

私は後者の自由度・難易度高いバージョンを選びました。

確かに、操作に関しては最初は戸惑いましたが、Wordpress を操作した経験が役に立って途中からはスムーズに操作できるようになりました。

(Wordpress での苦労は無駄ではなかったのだと救われた思いでした)


というわけですから、初めて制作するには難しさはあると思いますが、ブログツールの操作経験等があればできないことはないと思います。

今のところは、私はWiXにしてよかったなと思っています。

 

まとめ


初めての方にとって、Wordepress によるWEBサイト制作は相当に難易度高めです。挑戦するなら本を購入してトライしてみてください。


それよりも、Jimdo にも WiX にも簡単操作バージョンがありますから、慣れていない方はそちらを選んで作ってみると良いのではないかなと私は思います。


制作に充てる時間的・スキル的な壁にぶつかる場合は、制作を委託する道もご検討ください。

藍染川オフィス のサイトをご覧いただき、このような出来栄えでご納得いただけるようでしたら、制作を承ることは可能です。

よろしければご検討いただければ幸いです。


お読みいただきありがとうございました。


●事務代行、HP制作のお問い合わせ・お見積りのご依頼は こちら から


●下記クラウドソーシング経由も承ります。

ランサーズ

ココナラ




閲覧数:11回0件のコメント